歯周病情報館 >> 歯周病 >> 歯周病について

歯周病について

歯周病について

歯周病は、歯と歯肉のすき間のプラーク(歯垢)の中に棲息する歯周病原菌の感染によって起こります。

感染の結果、歯肉に炎症が起こり、歯を支える骨(歯槽骨)が吸収していく病気で、最終的には歯を支えることが出来なくなり抜けてしまうことになります。

現在では歯周病細菌-全身疾患関連説も注目されるようになり、歯肉への局所の炎症だけではなく、心臓疾患や糖尿病などの全身疾患を悪化させることなど、健康への影響にも関心が高くなっています。

歯周病は細菌感染性疾患ですが、結核菌に感染すると結核が引き起こされるというのとは少々趣を異にしています。

歯周病の原因菌は我々の口腔内にすでに存在する常駐菌であり1種類ではありません。これらの病原菌による混合-複合感染です。

さらに代表的な歯周病原菌は、夫婦間、家族間、近親者からキスや食事の口移し、食べかけの食品の分与などに際して、唾液を介して感染する経路が最も有力視されています。

つまり、親が歯周病患者である場合は治療を適切に行うことにより、子供への感染のリスクを減らし、さらに将来の発症のリスクを減らすことになります。

歯周病とは、歯の表面に付着する細菌のかたまりである歯垢によって引き起こされる歯のまわりの病気のことをいいます。

歯周病は大きく2つに分類されます。一つは歯肉炎で、歯肉が炎症をおこして出血したり腫れたりします。

もう一つは歯周炎で、これは歯そのものをささえている歯槽骨が破壊されてしまう病気です。

歯周病はさらに、その症状によって歯肉炎、成人性歯周炎、早期発症型歯周炎、思春期前歯周炎、若年性歯周炎、急速進行性歯周炎、難治性歯周炎など様々な種類があります。

不正咬合と歯周病の悪循環一般的に歯並び、噛み合わせが悪いと歯周病が進行しやすいといわれています。

そして、歯周病によって歯周組織を失うことで歯の病的な移動が起こるといわれています。

よくあるケースでは、すきっぱ、出っ歯(上顎前突)、深い噛み合わせ(過蓋咬合)などが起こりやすくなります。

このような不正咬合によってさらに歯周病が悪化するという悪循環がおこってしまうことが多いようです。このような場合は歯周病と矯正治療の両方を行なう必要があります。

つまり、親が歯周病患者である場合は治療を適切に行うことにより、子供への感染のリスクを減らし、さらに将来の発症のリスクを減らすことになります。

歯周病とは、歯の表面に付着する細菌のかたまりである歯垢によって引き起こされる歯のまわりの病気のことをいいます。

歯周病は大きく2つに分類されます。一つは歯肉炎で、歯肉が炎症をおこして出血したり腫れたりします。

もう一つは歯周炎で、これは歯そのものをささえている歯槽骨が破壊されてしまう病気です。

歯周病はさらに、その症状によって歯肉炎、成人性歯周炎、早期発症型歯周炎、思春期前歯周炎、若年性歯周炎、急速進行性歯周炎、難治性歯周炎など様々な種類があります。

不正咬合と歯周病の悪循環一般的に歯並び、噛み合わせが悪いと歯周病が進行しやすいといわれています。

そして、歯周病によって歯周組織を失うことで歯の病的な移動が起こるといわれています。

よくあるケースでは、すきっぱ、出っ歯(上顎前突)、深い噛み合わせ(過蓋咬合)などが起こりやすくなります。

このような不正咬合によってさらに歯周病が悪化するという悪循環がおこってしまうことが多いようです。このような場合は歯周病と矯正治療の両方を行なう必要があります。

歯周病情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯科 岡山
>矯正 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>入れ歯
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>予防歯科