歯周病情報館 >> 歯周病 >> 歯周病 抜歯

歯周病 抜歯

歯周病 抜歯

歯医者に行って抜歯された経験のある方なら、このせりふは聞いたことがあると思います。

でも疑問に思った方はいませんでしたか。

本当にこの歯は 抜歯しなければだめなのか、現代医学でなんとかならないのかと、抜歯になる原因は、多々ありますが、なんでも抜いて済ませていた10数年前に比べて、現在は一本でも多く自分の歯を残しましょうという方向に歯科の技術は進んでいます。

そしてその方法も近年いろいろ開発されてきました。

歯を出来るだけ残して自分の歯で食べ物を噛みましょう。と厚生労働省は10数年前に80−20運動というスローガンを立ち上げました。

(80歳で20本の歯を残そうというスローガンです。)しかし統計によれば、現在80歳の方の平均残存歯数は、8.2本です。

この10数年で平均寿命はずいぶん延びましたが、歯の寿命はほとんど延びておらず、調査によれば平均60歳でほぼ半分の歯を失う結果になっています。

抜歯を行いたい場合でも、他に全身の疾患がある場合には、行えないという場合があります。

循環器障害がある場合には、抜歯をきっかけとして、循環器疾患の症状が重くなるという可能性もあります。

妊娠中、特に妊娠初期には流産の可能性があったり、妊娠後期に早産の危険性があったりするので、よほどの理由がなければ、抜歯を行わないほうが良いでしょう。

歯列矯正などの審美歯科治療を行うのは、出産をしてからでも遅くはありません。

肝疾患、腎疾患などがある場合にも、抜歯を行わない場合があります。

また、日本では局所麻酔をして抜歯を行う事が普通に行われています。

歯周病情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>歯科 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック