歯周病情報館 >> 歯周病 >> 歯周病 予防法

歯周病 予防法

歯周病 予防法

歯周病の予防にはプラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことが最も大切なのです。

その方法として正しいブラッシングをすること、それに成人の80%が歯周病ということですが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。

それではほとんどの方がブラッシングをしているのになぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。

その最大の理由は、きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状です。

また歯ブラシでは磨けないところは歯間ブラシ、デンタルフロス、部分磨きようの歯ブラシなどの補助器具も併用して徹底的なプラークの除去が予防に繋がります。

現在、テレビやCM、雑誌などでも「歯周病」という病気がよくでてまいりますので、多くの方にも歯周病の存在を知って頂けているかとは思います。

歯周病予防のための歯みがきや薬剤など「歯周病予防のために」とうたっています。

しかし、歯周病の原因でもお話したとおり、歯周病は感染症ですので、日々のブラッシングだけで治ることはまずありません。

もちろん正しいブラッシングは歯を守るためには基本中の基本ではありますが、それだけでは治ることはないとご理解頂きたいのです。

ご自分に合った歯ブラシをお使いですか。歯ブラシの持ち方は正しいですか。正しい位置に歯ブラシが当たっているでしょうか。

磨く順序は?お口の中が人それぞれは違うように、ブラッシングの方法も違って当然なのです。

ですから、歯科医師と相談しながらご自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出し、それを続けていくことが大切です。

そうすれば、自然にきちんと磨けることにつながっていくわけです。ここでは基本的な2つのブラッシング方法をお話しします。

バス法は歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45度に当てその位置で振動させるスクラッピング法は歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に90度に当ててその位置で振動させます。

また、歯ブラシでは磨けないところは歯間ブラシ、デンタルフロス、部分磨きようの歯ブラシなどの補助器具も併用することをおすすめします。

こちらも、歯科医師と相談して正しく使用してください。生活習慣の改善も歯周病予防の大切な方法と言えます。

例えば、私たちの毎日の生活の中にある歯周病にかかりやすい要素を取り除いたり、食生活を改善することです。

歯周病を増悪させる最大な要素というのは喫煙です。喫煙の習慣がある方は是非禁煙をおすすめします。

また、繊維質、ビタミンCの豊富な食物をとりバランスの良い食生活を心がけましょう。そして、歯周病に負けない身体の抵抗力をつけましょう。

歯周病情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>岡山 インプラント
>入れ歯
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>予防歯科