歯周病情報館 >> 歯周病 >> 歯周病 歯周外科手術

歯周病 歯周外科手術

歯周病 歯周外科手術

歯周病が進行してしまうとひどい口臭の原因にもなり健康を損なうことにもつながってしまいます。

歯周病が進行すると、外科的な手術での治療が必要となってくる場合もあります。

歯周病の治療のための一般的な手術は、口腔内の歯肉を切開して、悪い部分を取り除くという方法を用いるようです。

また、歯周ポケットを取り除くために、歯肉の切開手術を行う場合もあるようです。

このほか、歯周病がかなり進行して、歯槽骨がとけるような状態になっている場合には、人工的に骨を支えるものを作って歯槽骨の形を整えなければならないので大がかりな外科手術が必要になるようです。

歯周病が進行してしまうと口臭の原因となるだけでなく、このような外科手術による治療が必要になってしまいますので気をつけましょう。

日ごろからのセルフケアを行い、歯周病の予防と対策をして口臭の予防と健康の維持に努めましょう。

炎症が歯茎の奥まで進行してしまった場合は外科手術で対応します。歯周外科と言ってなかなか取れない歯石の除去や歯茎の外科的手術を行います。

手術と言っても日帰りで簡単な手術なので心配ありませせん。一般的な手術の方法は、歯茎を切開して中の悪いものを除去するという方法です。

他には歯槽骨の代わりに骨を移植して歯を支える方法など症状の段階によっていろいろな方法がとられます。

進行した歯周病では歯周ポケットが深く、奥のほうにプラークや歯石が付着しています。通常の器具ではそれらを取り除くことができません。

そこで歯肉を切開し、奥に付着しているプラークや歯石、また炎症をおこしている組織を徹底的に取り除いたあと、歯肉を元の位置に戻して縫い合わせます。

手術後は、傷口を特殊なパックで覆って保護します。

歯周外科手術はいろいろありますが、手術をすることによって歯周ポケットは消え、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善してきます。

歯周外科手術の際は、まず歯肉を切開して奥まで入り込んだプラークや歯石や炎症を起こしている組織を除去します。

その後、歯肉を元の位置に戻して縫い合わせ、傷口を特殊なパックによって保護して完了となります。

歯周外科手術によって深くなった歯周ポケットもなくなり、通常の処置では改善できない歯周病でも治療が可能になります。

一口に「歯周外科」と言っても、その方法には様々なものがあり状況に応じて使い分けがなされます。

歯周病情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>矯正 岡山
>入れ歯
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>インプラント 岡山
>歯科 岡山
>岡山 インプラント
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>予防歯科
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科