歯周病情報館 >> 歯周病 >> 歯周病 歯磨きの仕方

歯周病 歯磨きの仕方

歯周病 歯磨きの仕方

朝と晩の二回の歯磨きは口臭対策の基本中の基本です。

朝と晩だけで、口臭対策になってるのとよく言われますが、歯磨きを一日に何回もすることは、口臭を防ぐ唾液も洗い流してしまうことになるので、口臭対策においては、逆効果になってしまいます。

さらに、歯磨きのやりすぎは 歯を削ってしまったり、歯茎を傷つけてしまい歯周病や虫歯の原因になることもあるので やはり、歯磨きのやり過ぎには注意が必要です。

口腔内ケアのポイントは朝と晩二回の正しい歯磨きです。しかし、毎食後に歯を磨かないと落ち着かない!という方もいらしゃると思いますが、そういう方は、唾液がたくさん出てくる食後すぐを避けて、時間をおいて歯を磨くなどの工夫をしましょう。

昼食後の歯磨きは、口をゆすぐだけにするか、歯ブラシに歯磨き粉を付けない軽い歯磨きがお勧めです。

この軽い歯磨きの仕方で、口腔内の不快感や食物残渣などは洗浄できます。

しかし、これくらいでは物足りないと思われるかたには、キシリトールガムや洗口剤を使ってみることも歯の磨き過ぎを防ぐ方法です。

歯磨きの仕方で押さえておきたいポイントがもうひとつ 歯磨き粉の使い方です。

歯磨き粉をたくさん使って歯を磨いたら、口の中いっぱいに、たくさんの泡立ち 口腔内がスッキリして、きちんと歯が磨けた気がしますがその泡の感触に騙されてしまい、歯の汚れや歯と歯の間の食物残渣を洗い残してしまっていることもあるので注意が必要です。

研磨剤が多く入っている歯磨き粉はとてもよく泡立ちます。でも、その研磨剤が歯や歯茎を傷つけ、その結果口が臭ってしまうこともあるのです。

正しい歯磨きをしていれば、朝と晩の2回だけで歯の清潔は保てます。専門的には色々なブラッシング法がありますがどれも一長一短大ざっぱな言い方ですが、要は細かく色んな角度で毛先を当ててあげればそれだけでいいのです。

小刻みに横向きに動かしたら次はブラシを縦にして一本一本磨くようなできれば歯の裏側から先に磨いてください。

見えるとこから磨きたい気持ちはよくわかりますが汚れが集中するのは歯の裏側いいですか必ず裏側から磨いてください。

人それぞれですが。一日に一度は出来れば夜がいいですが5分から10分長いでしょう。

これが洗面所での歯磨きならなお更長く感じるでしょうが、お風呂に入りながら夜テレビを見ながらだったら、歯磨きは洗面所でという固定観念を捨てて自分がリラックスできる場所で一日一回はしっかりと後はチャッチャで充分です。

長く磨くためにも粉剤はほんの少しにしてください。くれぐれも言っておきますが汚れをとるのは歯ブラシの毛先であって歯磨き粉は補助的なものと思ってください。

歯周病情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯槽膿漏 歯周病
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯科 岡山
>予防歯科
>矯正 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>インプラント 岡山